スウェーデンハウス建築記録
家作りって大変だけど面白い。理想と節約のバランスをとりながら、マイホームを手に入れよっ!

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

鹿児島県-西之表
提供:釣り情報フィッシングラボ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マイホーム建築日記 断熱気密住宅と防音施工(1)
私の計画している家を含め、省エネ住宅として、『気密断熱住宅』がはやっています。
気密断熱と防音の関係についてまとめます。

気密断熱住宅は1999年に告示された次世代省エネ基準による効果です。
認定企業はこちら
下記が次世代省エネ基準で対象とされている項目です。
 ① 断熱性能基準
 ② 気密性能基準
 ③ 日射遮蔽

断熱性能
断熱性能は、熱損出係数と熱貫流率に分かれます。

熱損失係数(Q値)は、建物の内部と外気の温度を1度としたときに、建物内部から外界へ逃げる時間あたりの熱量を床面積で除した数値です。
(単位:w/㎡・K)
Q値の優れた住宅は効果的な冷暖房を可能にします、

一方、熱貫流率(K値)は、基礎や窓・壁・床等の各部位(1㎡あたり)の断熱性能を示し、各部位の数値が小さいほど断熱性能が高い部位であるといえます。ただし、面積が考慮されていないため、あまり値を信用できません。省エネ性能を考える場合はQ値の方が精度が高いでしょう。
(単位:w/㎡・K)

気密性能
気密性能は、相当隙間面積(C値)と表現されます。(単位:c㎡/㎡)
住宅の隙間を直接計ることはできません。
そのため、気密測定を行って住宅の相当隙間面積を測り、住宅にどのくらいの隙間があるかを判断します。
気密性能が優れていれば効果的な冷暖房が得られます。
隙間風が吹き込んでいた私の実家の旧家はC値がさぞかし低かったでしょうね。

気密断熱性能について書いてみました。
防音・遮音性能への影響は次回・・・
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 最新の記事

■ お気に入り

■ 月別アーカイブ

■ 最近のトラックバック


copyright 2005-2007 スウェーデンハウス建築記録 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。