スウェーデンハウス建築記録
家作りって大変だけど面白い。理想と節約のバランスをとりながら、マイホームを手に入れよっ!

■ カテゴリー

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

鹿児島県-西之表
提供:釣り情報フィッシングラボ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
車検切れ ユーザー車検当日
H17.8.22
車検切れ ユーザー車検当日

奥様の愛車トッポBJの車検切れが発覚してから3日目。
今日は、ユーザー車検当日。
今日車検を通さねば、本日夕方の子供達のお稽古事の送迎ができない。

というわけで、昨日の計画通り今日のスケジュールはこうなる。

 ①自賠責保険に加入(25,000円)
 ②仮ナンバー借用(750円、車検証、免許証、自賠責保険証)
 ③ユーザー車検@小牧検査場
  (軽四も扱っていることを知った。八事より空いてるらしい。)

7:00 起床
  今日必要な持ち物を再確認した。
   ・車検証(有効期限切れだが・・・)
   ・自動車税払込証(毎年5月にもらうやつ)
   ・事前に準備しておいた「点検記録簿」
   ・自賠責保険証書(満期切れ)
   ・認印(自賠責加入時や検査申請時に必要)
   ・お金(重量税と検査料、用紙代)

8:30 三井住友海上火災代理店へTEL
  自賠責保険が代理店舗ですぐに加入できるのかを確認するため、
  昨夜発見した近所の保険代理店へ一応電話してみることにした。
  ・・・電話に出てくれない。
  (この後数分おきに電話するが留守電状態のまま)
  仕方なく、直接店舗に伺うことにした。
  このときトッポは使えないのは言うまでもない。
  免許取り消しにはなりたくない。

9:00 三井住友海上火災代理店到着
  自賠責保険に加入できなければ、自動車検査場に行くしかなく、
  時間的ロスが多大になる。なんとか応答してくれ・・・
  ピンポーン・・・
  「はーい」おおっ良かったー。

  というわけで何とか自賠責保険加入証GET!!
  次回の車検切れ時の余裕をみて、25ヶ月で加入した。
  (24,950円)

9:30 区役所到着。仮ナンバー申請
  自賠責加入証を手に、区役所に到着。
  混んでるなぁ。時間は大丈夫か?
  うちの区役所では、総務課が担当らしい。(地区により異なる)
  3階に向かう・・・すいてる~。ほっ

  役所の方に必要書類等を渡す。
  初めてと伝えたら、丁寧に申請書の記入方法を教えてくれた。
   ・車検証(当然有効期限切れ)
   ・自賠責保険加入証(さっき加入したものだ)
   ・車検上までの経路(申請経路のみの有効となるのだ)
   ・申請料750円(自治体で異なるそうだ)

  申請書類を提出し、
  約5分後無事に仮ナンバーGET!!
  (このとき仮ナンバー借用書も渡されるが、使用後一緒に返却が必要だ)

10:00 トッポへの仮ナンバー取り付け
  さてGETした仮ナンバーをトッポへ取り付けて車検場に向かわなければいけない。
  ん?仮ナンバーをどう取り付けるかが問題だ。
  確か普通車の場合は、ナンバーに封印がしてあり、交換できない。
  仕方なく紐で縛る計画でトッポを見ると・・・
  軽自動車はナンバーの封印がないではないか。
  ナンバー盗難が横行しているのに・・・今後気をつけよう。
  というわけで、難なくプラスドライバ1本で仮ナンバーに交換完了。

10:30 いざ出発!!

11:00 軽自動車検査協会 小牧支部到着!!
  何とか車検場に到着した。
  午前の部は11:30分までなので、時間がないよ~。
  ここで以下の書類を準備。今年からリサイクル費もいるんだね。
  ①まずは0番窓口で検査書類一式を購入(40円)
   ・継続検査申請書
   ・重量税納付書
   ・定期点検整備記録

  ②重量税納付書に貼る印紙を購入(7,200円)し納付書に貼付。

  ③申請書に記入後、再び0番窓口へ行き、申請書類を提出
   ・継続検査申請書
   ・重量税納付書
   ・定期点検整備記録
   ・車検証
   ・自賠責加入証

  ④手続き完了。今11:15。なんとか午前中に受験できそうだ。急げ。

11:20 検査開始
  ①検査レーンへの進入
    検査中は、運転席側の白線に前後輪のタイヤを載せて進行する必要があります。

  ②検査1:フロントホイールアライメント
    そのまま進行すると前輪が左右に揺られます。
    ゆっくり進まないと検査できません。

  ③検査2:ブレーキ、スピードメーター、ライトの検査
    ブレーキ
    タイヤを指定位置に乗せて、
    指示に従い、ブレーキをはなしたあと、力いっぱいブレーキを踏みます。
    またサイドブレーキを力いっぱい引きます。
    前後輪同様に検査します。

    スピードメーター
    タイヤを指定位置に乗せて40km/hで走行します。
    スピードメータが40km/hになったら、
    天井から垂れ下がっている押しボタンスイッチを押します。

    ライト
    指示に従い、前照灯をハイビームで点灯します。
    機械がライト方向を自動的に検査してくれます。

  ④検査3:排気ガス検査
    前進して停止線で止めます。
    エンジンをかけたまま、検査ブローブ(棒状のテスタ)を、マフラーに突っ込みます。
    指示板に合否判定が出たらブローブを元の位置に戻します。

  ⑤検査4:記録用紙への打刻
    記録器に記録用紙を差し、検査結果を記録します。

  ⑥検査5:ライト廻り、エンジン・車台番号確認、下廻り点検
    検査員の指示に従い、以下を点灯させ点検してもらいます。
     ・ウインカー
     ・ハザード
     ・ワイパー(ウォッシュ)
     ・ブレーキランプ
     ・バックランプ(ギアを後進に入れる)
     ・クラクション
    つぎにボンネットを開け、エンジン・車台番号を点検してもらいます。
    最後に乗車したままジャッキアップされ下廻り点検です。
     ハンドルを左右にきるよう指示されました。

  ⑦検査6:ナンバー点検(仮ナンバーだったため)

  以上で検査完了です。

11:40 検査完了
  検査が完了し、検査記録を含め書類一式を5番窓口へ提出しました。
  ・・・
  約3分後、
  新しい車検証を手にしました。お疲れ様でした。


応援してくれる人はいつものように
このバナー↓↓をクリックしてください。

myranQ2


スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 最新の記事

■ お気に入り

■ 月別アーカイブ

■ 最近のトラックバック


copyright 2005-2007 スウェーデンハウス建築記録 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。